名古屋のキャバクラで稼ぎたいなら経費も計算しよう

名古屋キャバクラで働く女性たくさん稼いだはずなのに、なぜか手取りが少ないということはありませんか?
名古屋のキャバクラで楽しくガッツリ稼ぎたいなら、給料から引かれる雑費についても覚えておきましょうね。
何も知らないままでいると、トラブルの元にもなる可能性がありますよ!

名古屋のキャバクラで給料から引かれる雑費

各種サービス利用料

名古屋のキャバクラでは、お店が提供してくれている数多くのサービスを利用することができますよね。
その充実度でお店を選ぶ人もいるかもしれません。なかには送迎無料や専属ヘアメイク無料、ドレスレンタル無料など魅力的なサービスが利用できるキャバクラが名古屋にはたくさんあります。
最近ではそのサービスもどんどんと拡大していって、ダンススタジオやフィットネスジム、美容関連の施設なども利用できると書いてあるところもありますよね。
名古屋のキャバクラでは、こういったサービスにかかる費用を「経費」という名目や「福利厚生費」という名目で給料から引いていることがあります。この金額がちょっと高額過ぎるな、と思ったらピンハネされている可能性もあります。
そういった場合、お店とのトラブルに発展してしまうこともあるので、どのサービスにいくらかかるのかということをあらかじめ確認しておきましょう。

税金(所得税)

所得税は、源泉徴収という名目で給料の10%が引かれます。本来は自分で払わないといけない税金を働いているところがかわりに徴収して支払ってくれるものです。名古屋のキャバクラでもこの所得税は必ず引かれるものです。稼いだ金額が大きくなったときなんかはちょっと悔しいですよね。
これがもし、10%以上の金額を引かれていたときはピンハネされていますので、少しだけ気を付けて見てください。
名古屋にもあるのかは定かではありませんが、昔はこの源泉徴収をもらっておきながら、支払っていなかったキャバクラもあるようです。でも、支払い義務は会社にあるものなので二重に支払う必要はありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です